スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

蜷川幸雄 演出「エレンディラ」観劇

開演25分前!

2007年8月18日(土)彩の国さいたま芸術劇場・大ホール、
18時30分~ 1階2列目やや上手にて。

上演時間4時間!見応え十分!!まったく飽きる事なく一気に観られました!期待していなかっただけに良かったです!!
ウリセスと高級娼婦エレンディラの悲恋物語…

主なCAST
ウリセス  :中川晃教さん
エレンディラ:美波さん
老作家   :國村隼さん
祖母    :瑳川哲朗さん 他(すっげー沢山)

中川君は予想通りのお芝居(笑)もっとさらけ出せ!!
美波さん!全裸シーンございました!前情報なしで観に行ったので、はじめ後ろ姿で脱いだ時「エッ!」ってビックリしました。まさに体当たりでした!特に後半は、気持ちがストレートに伝わって来ました。透明感のあるお芝居素晴らしかったです。

っで今回の目玉は瑳川哲朗さんのお婆さん役!エレンディラの不始末で家が火事になり、エレンディラに借金返済させる為、娼婦をやらせる強欲婆さん役!まさに怪演でした!!どこか憎めない、でも非道なお婆さんでした。

3幕に満を持して登場の國村隼さんは、この物語の作者役。渋い!シビレました。衝撃の結末へと我々観客を導くオイシイ役でした。

ウリセスの父は石井愃一さん。真面目な芝居してるのに笑いそうになってしまいました…
ウリセスの母は立石凉子さん!以前観た「あわれ彼女は娼婦」でも大好演でしたが、今回も素晴らしかったです!!

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
スポンサーサイト
2007年09月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇
 | HOME | 

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。