スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

TPT「PIAF」観劇。

TPT 開演20分前!

2007年10月6日(土)14時~ ベニサンピット、6列目中央にて。

行こうか迷った挙句、5日前にチケット予約しての観劇でした。
かなり良いお席が取れたので、客入りが心配でしたが、満員でした。

シャンソンの名曲「愛の賛歌」で有名な歌手「エディット・ピアフ」の半生を綴った物語。
以前PARCO劇場で美輪明宏さん版を観劇しましたが、全く違った印象でした。絢爛豪華な美輪版に対して、TPT版はシンプルな演出。
私はTPT版の方が良かったです。でも美輪版はシャンソンの名曲を歌いまくっててお得感がありましたが、TPT版は歌のシーンがチョット少なくて残念!

っで内容ですが、ピアフ役の安奈淳さんが、とにかく素晴らしかった!
前半の若い時代は、さすがに無理があったけど(笑)・・・
でも後半に進むにしたがって、仕事の成功の裏にある私生活での苦悩・切なさ・弱さ・・・などが痛いほど伝わって来ました(涙)。。。
カーテンコールで「愛の賛歌」を歌ってくれました。感動・感動です。久しぶりに歌を聞いて感動しました。

他の出演者は、ま~イマイチって感じもありましたが、無難な仕上がり。ピアフの親友トワール役武田優子さん好演でした。
演出・セット・照明・安奈さんが素晴らしかっただけに、脇もっと頑張れ!って感じでした。


小野武彦さん、林隆三さん仲良くご観劇されてました。


是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=




スポンサーサイト
2007年10月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

劇団四季「ウエストサイド物語」観劇。

開演5分前!!

2007年9月23日(日)四季劇場[秋] 13時~ 1階4列目中央にて。

恒例の社内接待。開演前はインターコンチでランチ。高~いシャンパンで乾杯!海外支社長様にごちそうになりました!!

っでいよいよ観劇。
いや~正直、古典だからと期待しておりませんでしたが、どんでもない!やはり20世紀最高傑作と言われているだけございました。

オープニングのオーケストラのメドレーから、知っている曲ばかりで興奮!!心の中で「マンボッ!!」と叫んでおりました。恐らくお客さんの80%以上同じように心で叫んでいたはずです(笑)。
そしてジェローム・ロビンスの振り付け炸裂!炸裂!!これぞダンスだ!出演者の皆さん簡単そうに踊っていましたが、かなりアクロバティックなダンス!!
台詞なしでもダンスだけで伝わってきます。

ま~劇団四季特有の母音発生法による台詞回しは置いといて…(笑)
全編珠玉の名曲揃い!言うことございません。

アニタ役の樋口麻美さん!唄・ダンス・芝居 圧倒的でした。これを毎日やってると思うと凄いです!

マンボッ!!


是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=

2007年10月08日 | Comments(2) | Trackback(1) | 劇団四季

「戸田恵子Live Show 『ACTRESS』」観劇

開演25分前!

2007年9月16日(日)草月ホール 14時~ 1階10列目中央にて。

1幕では戸田恵子さんの幼少期から現在までの自伝を。
2幕ではアルバム『ACTRESS』の楽曲をトークを交えたっぷりと。

戸田恵子さんの魅力全開の楽しいライヴでした。
1幕のミュージカルメドレーはお得感があり楽しかったです。
アイドル時代「あゆ朱美(芸名)」の名曲も披露!

アルバムの曲は、三谷幸喜さん作詞・宇崎竜童さん作曲の「のっこ の まがままブギ」(映画「ラヂオの時間」で戸田さん演じるわがまま演歌歌手の映画ではタイトルだけが存在した曲を実際に作ったもの)とか、
秋元康さん作詞によるシャンソンなど、面白く素敵な曲ばかり。

弾き語りで中村 中さん作詞作曲の「強がり」はバラード。感動しました。

共演は、入絵加奈子さん、斉藤直樹さんなど芸達者な皆さんも良かったです。

小林隆さんご観劇されてました。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=

2007年10月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

PARCO「シェイクスピア・ソナタ」観劇

PARCO看板

2007年9月1日(土)PARCO劇場 14時~ 7列目中央にて。
シアターナインス10周年記念公演。

作・演出=岩松 了さん
出演=松本幸四郎さん!!
「へ~」の高橋克実さん 緒川たまきさん 松本紀保さん
長谷川博己さん 豊原功補さん 岩松 了さん 伊藤 蘭さん。


シアターナインスの観劇は、第一回公演 三谷幸喜さん作「BY MYSELF」
そして、マキノノゾミさん 作・演出「実を申せば」に続く3本目。

日本のチェーホフと称される岩松さん。まさにそんな作風でした。
そんなに大きな事件もなく、日常を描く的な・・・

初の岩松了さんの作品って事で期待しておりました。
っが・・・ちょっと期待ハズレでした。。。
シェイクスピア芝居を打つ劇団の話しなので、幸四郎さんの劇中劇を期待するもナシ…
今まで観たシアターナインスの芝居では幸四郎さん大絶叫シーンが超印象に残っていたので、今回もかなり期待しましたが、それもナシ…

出演者皆さんお上手でしたが、ストーリーが私の好みではございませんでした。残念(涙)。。。


是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=


2007年10月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

井上ひさし 作「ロマンス」観劇

「ロマンス」幕間中・・・

2007年8月26日(日)世田谷パブリックシアター 13時30分~
1階15列目上手ブロックより。

こまつ座とシスカンパニー共同製作って事で、井上ひさしさん脚本で出演者も全員大ファンの方々ばかり!
これだけ揃って面白くない訳がないって感じです。
ロシアの劇作家「アントン・チェーホフ」の半生を綴った物語。
男性陣が各世代のチェーホフを順番に演じて行きます。

【出演】
 大竹しのぶさん、松たか子さん、段田安則さん、
 生瀬勝久さん、井上芳雄さん、木場勝己さん。

やっぱ予想以上に良かったです。感動しました。出演者みなさん芸達者!
皆さんそれぞれ複数の役を演じます。これもまた贅沢な感じ。
生瀬さんお笑い担当でした(笑)でも上手い!
チェーホフの妹役である、松たか子さんのお声は、やっぱ透明感があって素敵です。後半のお芝居には涙が出ました。。。

チェーホフはボードビルが好きだったんですね~
以前TPTで観た「かもめ」ど~考えても悲劇なのに「四幕喜劇」と副題が付いていた事に違和感がありましたが、今回の芝居を観て、その答えが少し分かった気がしました。


是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=


2007年10月08日 | Comments(2) | Trackback(1) | 観劇

東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」観劇

レミゼ開演30分前!!

2007年8月19日(日) 帝国劇場 17時~ 1階10列目中央にて。

今回のお目当ては新バルジャン橋本さとしさん&新ジャベール石川禅さん!!
初めて橋本さんのキャスティングを聞いた時は、ぶっちゃけ「エ~?」って感じでした。
その不安は冒頭のシーンからブッ飛びました!
たたけばホコリが舞い上がる様な、非常に人間臭いバルジャンでした!!本当に素晴らしかったです。また観たいです。

石川禅さん!マリウスやっている時から、この人は絶対ジャベールに向いている!是非是非ジャベールやって欲しいな~って、ずーっと思っていたので、念願叶っての観劇でした。
やっぱ良いです。見事にハマってました。特に終盤は鬼気迫るお芝居!声も良く出ていました。上品な中にも、熱い闘志が垣間見える印象に残るジャベールでした。

っで今日は終演後「トークショウ」開催!
橋本さん、東山さん、徳井さん、瀬戸内さん、全員大阪人(笑)
大爆笑トークショウでした。
今日のハプニング暴露では、エピローグのシーンでバルジャンが召される椅子が逆を向いていた!というもの。コゼットが走って来た時に客席と逆を向いているとマズイと思って、橋本さん「臨終寸前のヨボヨボの状態で椅子の向き変えました(爆)」とか言ってました。


是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2007年10月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇
 | HOME | 

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。