スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ムサシ

ムサシ タイムテーブル @入口前
朝日新聞創刊130周年記念・テレビ朝日創業50周年記念
彩の国さいたま芸術劇場開館15周年記念 井上ひさし・作「ムサシ」観劇。
2009年4月4日(土)12時30分~ 彩の国さいたま芸術劇場大ホール 1階2列目上手にて。

いや~豪華なスタッフと出演者!楽しゅうございました♪

作  :井上ひさし
演出:蜷川幸雄
音楽:宮川彬良
出演:藤原竜也 小栗 旬 鈴木 杏 吉田鋼太郎 辻 萬長 白石加代子 ほか
                                           (敬称略)

藤原竜也さん演じる宮本武蔵、小栗旬さん演じる佐々木小次郎!!
巌流島決戦で、佐々木小次郎は生きていた・・・って設定のお話し。
幕開きは巌流島決戦シーン。その数年後のお寺を舞台に武蔵と小次郎が再び出会い、小次郎が決闘を申し込むが。。。

井上先生の作品なので、歌があるかと思って楽しみにしておりましたが、歌がなく残念でした↓
でも、予想を超えるドタバタシーンがあり、ドリフのコントを彷彿とさせる大爆笑でした(笑)

小栗旬さんが剣の稽古をつけるシーンで、♪タンゴが流れて タンゴのリズムに合わせて動きをつける演出は最高でした↑

舞台写真
藤原竜也さんですが、以前観たチェーホフの「かもめ」の時と同様 発声がイマイチって言うか、声が潰れてました。。。

映画も絶賛上演中の人気もの、小栗旬さん!はやり華がありますね~ 以前観た「タイタス・アンドロニカス」とは違った面が良かったです。コメディー芝居も「間」が素晴らしく(笑)これからも楽しみな俳優さんって感じでした。でも、やはり発声が気になりました・・・

主役のお二人の脇を固める俳優さん達が、これがまた実力派ばかり!
蜷川演出常連のシェイクスピア俳優「吉田鋼太郎さん」
井上ひさしさんの こまつ座 所属名優「辻 萬長さん」
これまた蜷川演出常連の怪優「白石加代子さん」
この3人が揃うだけで濃いッ!!(笑)そして上手いッ!!!

初めて拝見しました 鈴木杏さん。声の通りも素晴らしく、舞台芝居全開で頑張ってました!

終盤のネタばれシーンは現実味がなく、残念な感じでした・・・

3時間半ちょっとの舞台でしたが、アッと言う間でした。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
スポンサーサイト
2009年04月25日 | Comments(2) | Trackback(0) | 観劇

ニュー・ブレイン

シアタークリエ入口
東宝ミュージカル「ニュー・ブレイン」観劇。
2009年3月29日(日)12時30分~ シアタークリエ 2列目中央にて。

元劇団四季 石丸幹二さんミュージカル復帰作!
先日、同作品上演記念トークイベントに行って以来、楽しみにしておりました♪

■スタッフ
音楽・作詞=ウィリアム・フィン
脚本=ウィリアム・フィン、ジェイムズ・ラパイン
演出=ダニエル・ゴールドスタイン
振付=上島雪夫
美術=デイビッド・コリンズ

■キャスト
石丸幹二(ゴードン・シュイン)
マルシア(リサ / ホームレスの女)
畠中洋(ロジャー:コードンの恋人)
パパイヤ鈴木(リチャード:看護師)
樹里咲穂(ローダ:ゴードンの仕事上のパートナー)
初風諄(ミミ・シュイン:ゴードンの母親)
本間ひとし(ミスター・バンジー:子供番組わがままプロデューサー兼 出演者)
友石竜也(医師)
田村雄一(牧師)
中村桃花(ナンシー:看護師)
                  (敬称略)

開演28分前!! 円形のレールが天井にあり、カーテンが2つあります。
少人数のミュージカルでした。セット(円形にかかるカーテンが2つステージ中央にあるだけ)もすごくシンプルだけど素敵でした。
実力派の出演者ばかりで見応えもあり、作品全体まとまってて素敵な仕上がりでした。

ほとんどセリフなし!歌で進行して行きました。
音楽もポップス、ゴスペル、ロック、クラシカルなど様々な曲があり、楽しめました♪

ストーリーは石丸さん演じる、仕事に不満を抱えながらも、食べる為に子供番組に曲を書き下ろす売れない作曲家が ある日突然!脳の病気で倒れ入院。退院までに色々な事を考え、心身ともに再生(チェンジ)して行くみたいな感じ。

石丸さん、四季時代と変わらない歌声で、ほとんど出ずっぱりでしたが、軽快に演じておられました。

マルシアさんは相変わらずお上手♪もっと歌が聞きたかったです!!

樹里さんスタイル良かったです~!!華やかで、NYの女性って感じ出てました!!!

また観たいです。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=

2009年04月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

ストーン夫人のローマの春

PARCO看板 キャスト
PARCO「ストーン夫人のローマの春」観劇
2009年3月14日(土)14時~ PARCO劇場 3列目中央にて。

原作 テネシー・ウィリアムズ
脚本 マーティン・シャーマン
演出 ロバート・アラン・アッカーマン

■キャスト
★カレン・ストーン役…麻実れい
★ローマの貴族でありながら、男娼の斡旋している、コンテッサ役…江波杏子
★ストーン夫人の夫、ミスター・ストーン役…団時朗
★カレンの親友、クリストファー役(劇作家)…今井朋彦
★カレンが溺れるパオロ役(男娼)…パク・ソヒ
★始終カレンにつきまとう若い男役…鈴木信二

中川安奈、浜田学、宮光真理子、岡野真那美、有希九美

巖大介 岡田あがさ 岡田さやか カトウシンスケ 川辺邦宏
倉本朋幸 神藤恭平 Zinzy  高橋来花 タリン 永栄正顕
水谷友子 村上新悟 露敏 呂美
                               (敬称略)

世界初演!ワールドプレミア観て参りました!!
初日が延期になったので、ど~なるかと思いましたが、非常に切ないお話で素晴らしい仕上がりでした。

ストーリーはこちらをご覧ください。

さすがアッカーマンさんの演出!!
なかなか舞台で、その土地の雰囲気を出すのって難しいですが、今回はセット、照明も素敵だった事も手伝って、完全にローマの空気を感じることが出来ました!!!って言ってもローマに行ったことないですが(笑)
とにかく、PARCO劇場にいることを忘れることが出来ました。

これまでにテネシーウイリアムズさんの作品は、「欲望という名の電車」「ガラスの動物園」「ナイチンゲールではなく」を観ましたが、どれも人間の内面をえぐり出す様な描写がお見事な、観終わったあと、時間が経つほどに、感慨深い作品でした。
今回も、まさに同じです。時間が経つにつれ、もう一度観たいと思う作品です。

かつての大女優ストーン夫人が、夫と死別後 旅先のローマで男娼に溺れて行く様子は観ていて辛くなります。。。そしてラストシーンも印象的でした。

PARCO公式より
出演者の麻美れいさん!申し分ございません。かつての大女優としてのプライドと男娼に溺れて、どん底に落ちてから、最後のシーンまで、本当に繊細に演じておられました。
また、カーテンコールの表情(まだストーン夫人のままな印象)が切なくて、ここだけでも観て良かったと思えました。

江波の親分も大好演!!男娼を仕切る落ちぶれた貴族役ですが、この人以外に考えられません。

「若い男」役の鈴木信二さん素晴らしかったです!!セリフなしで、ストーン夫人への性的興味からつきまとう浮浪者。難しい役でしたが、引き付けられました。今後注目です。

ストーン夫人が溺れる男娼役のパクさん。かなり良い役でしたが、正直イマイチでした。パクさんは他の作品で何度も拝見しており、どれも好演でしたが、今回は・・・でした。ストーン夫人がゾッコンになる危険な色気が感じられませんでした。。。

団時朗 さん今井朋彦さんも安定したお芝居で好演でした。

再演して欲しいです。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=


2009年04月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

劇団四季ソング&ダンス 55ステップス

四季劇場[秋]入口オブジェ
「劇団四季ソング&ダンス 55ステップス」観劇。
2009年3月8日(日)13時~ 四季劇場[秋] 1階3列目中央にて。

劇団四季創立55周年記念のショーでした。
かと言って、四季で上演していないミュージカルの曲もありました。

ミュージカル名場面集ではなく、色んな曲を様々な発想と演出で魅せてくれました♪
考えたのは、劇団四季の加藤敬二さん!!すごい才能です。
構成・演出・振り付け全部 加藤さん!!
全体のストーリーはなく、1曲づつ魅せるショーでした。
加藤敬二さんの容赦ない振り付け!(笑)出演者の皆さん凄いハイレベルです!歌もダンスも!

1幕ラストの「美女と野獣」のナンバー「♪ビー・アワー・ゲスト」の歌いだしをされた俳優さん(お名前が分からず残念です)がダンサーとしてご出演でしたが、そこだけ歌も披露されており、これがまた歌もお上手!是非是非「クレイジーフォーユー」をこの方の主演でお願いします!!って感じでした。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2009年04月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劇団四季

『BAHO 20th Anniversary Tour ~HOT TOUCH~』

開演9分まえ!
『BAHO 20th Anniversary Tour ~HOT TOUCH~』
2009年2月28日(土)18時~ 入間市市民会館にて。

「BAHO」とは、ギタリストChar(竹中尚人)さんと、ベテランギタリスト石田長生さんによるユニット。
結成20周年の成人式ツアーでした。ってか看板見て知りました(笑)

正直、まったく興味なく、友人に誘われるがまま見に行きました♪

結果、素晴らしかった!!!!本当に良かったです!!!
Charさん大人の色気ムンムンで(笑)やっぱりお上手!
私のような素人が聞いても感動でした♪

2幕構成で、なんと3時間半!!

唯一知っている曲「気絶するほど悩ましい」が1幕序盤に出てしまって、正直これから知らない曲ばかりかと不安になりましたが(笑)そんな事は吹っ飛びました!どの曲もカッコよく大人な感じでした♪

パーカッションのマック清水さんの演奏している立ち姿(姿勢)が背筋が伸びていて良かったです。
マック清水さんは、1幕では司会もされており、幕間には会場でパンフ販売、2幕は演奏と大活躍でした!

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2009年04月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | ライヴ

シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED」

シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京 外観
シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED」 鑑賞。
2009年2月22日(日)14時~ シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京 1階10列目中央にて。

シアター東京 入口
10年以上まえにサルティンバンコを観て以来の鑑賞でございました。
あまり期待しておりませんでしたが、劇場マニアとしては(笑)まず専用劇場に感動!
正直ホッタテ小屋を想像しておりました。申し訳ございません。。。
立派な常設劇場でございました!!ディズニーシーのすぐ隣りです。

っで内容は!すごい技の連続でございました!!
目を見張る技から、手に汗握る綱渡りまで。とても人間業とは思えない展開でした。
サーカスって言ってしまえば、それまでなのかもしれませんが、演出が素晴らしく幻想的で、衣装も音楽(生演奏)も見応え十分でした。
まぁ~とにかく凄いって事です!!

シアター東京 広いロビー
ストーリーはない様でありました(笑) 
ZEDという名前の少年の冒険の旅をテーマにしています。
彼が旅する世界は、天と地。
そこであらゆる生命、大いなる女神、愚かな者たちなど
命の躍動に出会います。
彼の成長と同時に彼が生きた天と地という2つの世界が
ひとつに結ばれます。
ZEDの旅を通して、私たちもいろいろな生命の躍動に触れられます。って感じです。。

終演後は勢いあまって東京ディズニーランドに行きました!!
超超久しぶりでした♪結構空いてました!!

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2009年04月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

マルグリット

赤坂ACTシアター
ホリプロ ミュージカル「マルグリット」観劇。
2009年2月15日(日)13時~ 赤坂ACTシアター 1階T列下手より。

レ・ミゼラブルの アラン・ブーブリルさんとクロード=ミッシェル・シェーンベルクさんのコンビってことで観に行きましたが・・・ん~音楽が・・・ん~っと思って、パンフレットを見直したら、今回はシェーンベルクさんの作曲ではなかったんですね。。。だまされた!!って良く確認しなかった自分が悪いのですが・・・

作 曲 : ミシェル・ルグラン
脚 本 : アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク/ジョナサン・ケント
作 詞 : ハーバート・クレッツマー 
オリジナルフランス語歌詞 : アラン・ブーブリル
翻 訳/訳詞 : 竜真知子
演 出 : ジョナサン・ケント
              (敬称略)

セットとか、演出は良かったです。舞台上は まるで絵画を見ているような感じでした。
でもストーリーが単調と言うか、予想通りって言うか、退屈でした(アクビ。。。)

出演者は頑張ってました!
特に横内正さん、飯野めぐみさんの安定したお芝居と、tekkanさんの歌が良かったです♪
あとアンサンブルの皆さん微妙に平均年齢が高かったです(笑)レベルも高たっかです!

【キャスト】
マルグリット◆春野寿美礼
アルマン◆田代万里生
オットー◆寺脇康文
ピエロー◆山崎裕太
ルシアン◆tekkan
アネット◆飯野めぐみ
ジョルジュ◆横内正

男性アンサンブル◆
守谷 譲 池田伸一 山田展弘 清水隆伍 山名孝幸
女性アンサンブル◆
鈴木結加里 松岡美希 碓氷マキ 西山愛由美 本井亜弥 水野貴以
(敬称略)

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2009年04月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

「ニュー・ブレイン」上演記念トークショー参加

東宝からの招待状
東宝ミュージカル「ニュー・ブレイン」上演記念トークショー参加。
2009年2月11日(水)19時30分~ シアタークリエにて。

昼間に「アルター・ボーイズ」観劇後、有楽町に移動。
シアタークリエにて3、4月上演の東宝ミュージカル「ニュー・ブレイン」のトークショーに行って来ました。

司会はMrバンジー役で出演の赤坂泰彦さん。
トークショーには、出演者全員!と演出家のダニエルさんが参加されてました。

トークは2部構成。出演者を半分づつ区切って行われました。
1部2部とも主演の石丸幹二さん、演出かのダニエルさんは参加。
途中と最後にミュージカルナンバーも披露!!
石丸さんは劇団四季退団後初の歌披露でした♪

この日も1日稽古をされていたとのことで、初めて振り付けをされての稽古だったとのことでした。

演出家からは、セットは出来るだけシンプルにして、とにかく出演者を観て欲しいとのコメントでした。
パパイヤ鈴木さんからは、このミュージカルのテーマの一つが「チェンジ」(歌詞にも繰り返し出てくるキーワード)、オバマ大統領も「チェンジ」と言ってますし、時代も「チェンジ」しようとしており、まさに今の時代にふさわしいテーマが詰まっている作品みたいなこと言ってました。

3月に観に行く予定なので、楽しみになりました!

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2009年04月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

アルター・ボーイズ

アルターボーイズ 終演後 新宿FACE
ニッポン放送開局55周年記念公演 オフブロードウェイ・ミュージカル「ALTAR BOYZ」観劇。
2009年2月11日(水)13時~ 新宿FACE 15列目上手にて。

■出演者
植木豪、田中ロウマ、中河内雅貴、東山義久、良知真次
                               (敬称略)

■ストーリー(HP引用)
2009年世界ツアーの、まさに日本ファイナル公演!今日もアルターボーイズの5人のメンバーが観客たちの魂を浄化しようとステージ上に勢揃いした。彼らはマシュー、マーク、ルーク、フアンにアブラハム。新・旧約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、アブラハムに相当する英語名。そんなありがたい名前を持つ彼らの使命は、コンサート終了までに会場内の観客たちの「迷える魂」の数を、彼らの歌と踊りとおしゃべりで「ゼロ」にすること。ステージ横にはその数を表示するソウルセンサー(魂計測器)が設置されている。最初はトントン拍子で減りはじめる迷子の魂の数だが、あるところでいっこうに下がらなくなる。いったいどうして・・・?

ストーリーはあって無いようなもの?!セットもなし、生バンド入りのロックコンサートって印象!
とにかく出演者5人が踊り歌いまくる休憩なし120分!!かっこ良かったです♪

東山さん、田中ロウマさん以外の3人は初めて拝見しましたが、皆さん歌・ダンスが凄い!
あれだけ踊ってよく、歌えるな~って感じです!

中河内さん5月の「シラノ」楽しみです。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=




2009年04月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

ビロクシー・ブルース

PARCO
PARCO「ビロクシー・ブルース」観劇。
2009年2月7日(土)14時~ PARCO劇場 5列目下手にて。

ニールサイモンさん作品ってことで行ってきました!!
同氏の作品は「おかしな二人」「サンシャイン・ボーイズ」「ニューヨーク青春物語(カム・ブロー・ユア・ホーン)」「ルーマーズ」を観ましたが、どれも面白く、そしてジーンとする素敵な作品でした。(「ルーマーズ」はただ面白いだけでしたが(笑))
今回も期待十分で劇場に参りました!

■作 ・・・ニール・サイモン
■翻訳・・・ 目黒 条
■日本語台本・演出・・・ 鐘下辰男
■出演
佐藤隆太 忍成修吾 瀬川 亮
中村昌也(D-BOYS) 尾上寛之 南 周平
内田亜希子 西牟田恵・羽場裕一
                    (敬称略)

いや~良い作品でした。
ストーリーはこちらをご覧くださいませ。

第二次世界大戦中の軍人学校の話しってことで、暗いのかと思いきや、そこはニールサイモンさんって感じでした。
閉鎖された理不尽な軍人学校での、厳しい環境を通して、若者のかかえる苦悩、問題、人種差別・・・などなどが描かれておりました。まさに青春群像劇でした。

佐藤隆太さん!芸能界デヴュー作品もPARCO劇場でした!宮本亜門さん作・演出「ボーイズタイム」初演拝見しました。以来、どんどんTVに出演され人気物になりましたね~
今回は主演!ストーリーテラーも務めてました。落ち着いていて、とても好感が持てました!!

今回初舞台の忍成修吾さん!素晴らしかったです。知的で、チョット斜に構えたエプスタイン役をとても繊細に演じてました。声の通りも良くて、舞台続けてほしいです。

っで、羽場裕一さん!!鬼軍曹トゥーミー軍曹役でした!!物凄く上手い!!!!
とにかく理不尽なこと言って、若者を鍛え抜くって役どころ。すごい迫力と、憎たらしい台詞回しで貫録十分に演じておられました!申し分ございません。

再演して欲しいです。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=







2009年04月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

東宝「スーザンを探して」2回目

シアタークリエ入口ポスター
東宝ミュージカル「スーザンを探して」観劇。
2009年1月31日(土)17時~ シアタークリエ 5列目中央にて。

なぜか座席は、前回と全く同じ!
おおまかな感想は前回と同じでございます。

前回と違うのは、スーザン役(Wキャスト)が香寿たつきさんだった事です。
前回観たスーザンの真琴つばささんとは違った印象でした!

香寿さん歌はさすがでございました。
お芝居は破天荒な性格のスーザンって感じではなく、アダルトで落ち着いた印象。

保坂さんは、相変わらず素敵な歌声で、杜さんはゴージャスでした♪

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=

2009年04月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

ホリプロ「ドロウジー・シャペロン」2回目

日生劇場 終演後
ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」観劇。
2009年1月24日(土)17時30分~ 日生劇場 1階3列目中央にて。

1週間前に観たばかりなので、おおまかな感想は前回と同じでございます。

前回と違っていたのは、ギャング役(Wキャスト)が♪なんでだろ~の「テツandトモ 」のお二人だった事です!

テツandトモ さん、すっげ~濃かった(笑)
ギターじゃない方(踊ってる方)の人の表情が面白すぎて、目が釘付けになってしまいました(笑)

前回同様、華やかで素敵な作品でした!!

カーテンコールで、アフリカの子供たちへの募金の呼びかけがありました。
悪いことではないと思いますが、コメディーミュージカルのカーテンコールではチョット・・・でした。
でもちゃんと募金させて頂きました。

 是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=


2009年04月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇
 | HOME | 

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。