スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

12人の怒れる男

公演ポスター
「12人の怒れる男」観劇。
2009年12月6日(日)千穐楽 Bunkamura シアターコクーン 
1階ベンチシート 最前列にて。

以前、三谷幸喜さん 作・演出のPARCO劇場で「12人の優しい日本人」を観て 気になっていた作品です。
って言うか、三谷さんの作品の元ネタ的作品です。

でも、観に行くか迷っておりましたら、チケットほぼ完売!
演出・セットプランが固まったとかで、追加席が発売になったので、
やっぱ行こう!と思いチケット取りました。
座席表「12人の怒れる男」@シアターコクーン

作   レジナルド・ローズ
訳   額田やえ子

演出  蜷川幸雄

出 演
中井貴一  筒井道隆  辻 萬長  田中要次  斎藤洋介
石井愃一  大石継太  柳 憂怜  岡田 正   大門伍朗
品川 徹   西岡馬   他
                            (敬称略)

出演者豪華でした!実力派揃い!!
今回の「12人~」にも、三谷さんの「12人~」にも出演していた
筒井さん。前半は余りセリフありませんでしたが、後半チョット活躍してました。

やっぱ中井貴一さん、西岡馬さん、辻 萬長さん 素晴らしかったです。
西岡さん、荒っぽい役でしたが、最後の長セリフは感情いっぱいで圧倒されました。
三谷版で言うと、生瀬勝久さんが演じていた役に当たります。

蜷川演出常連の石井さんは、やはり面白い(笑)マジメにやってても面白い(笑)
今回も笑わせて頂きました♪

たけし軍団の柳 憂怜さんも気が弱くマジメな感じの役でしたが、良い味出してました。

飛び出してきたテープ!バーン!!
千穐楽だったので、カーテンコールも長めで、蜷川さんも出演者に引っ張り出されてました!
あと、客席左右からテープがバーン!と出てきました!ビックリしました・・・
(上の写真は出てきたテープです)

三谷さんの「12人の優しい日本人」です。凄い面白いです!!



是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
スポンサーサイト
2010年01月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

グレイ・ガーデンズ

劇場入り口 公演写真ポスター
東宝ミュージカル「グレイ・ガーデンズ」観劇。
2009年12月5日(土)12時30分~ シアタークリエ 2列目中央にて。

この作品、第35代アメリカ合衆国大統領ケネディの妻の
「叔母」と「その娘」の実話がベースのドキュメンタリーミュージカルでございます。
宮本亜門さん演出でございます!

■原作
 デイヴィット・メイスルズ、アルバート・メイスルズ、エレン・ホヴデ、
 マフィー・メイヤー、スーザン・フロムケによる映画「グレイ・ガーデンズ」
■台本
 ダグ・ライト
■音楽
 スコット・フランケル
■作詞
マイケル・コリー
■演出
 宮本亜門
■出演
大竹しのぶ、彩乃かなみ、川久保拓司、吉野圭吾、光枝明彦、草笛光子 他
                                          (敬称略)

出演者みなさんお上手。安心してストーリーに没頭出来ました。
音楽も演出も素敵で、感想は観る人によって様々だろうな~って感じです。

母娘本人です! ドキュメンタリー映画の写真。劇場ホワイエ
↑これが実際の母娘の写真です。劇場ホワイエにあったドキュメンタリー映画のパネル。

離婚をきっかけに、セレブから没落して、沢山の野良猫が住み着くゴミ屋敷と化した
グレイ・ガーデンズ邸で、メディアの好奇の目にさらされながらも人生を謳歌した
母娘の物語。なんとも切ないストーリー。。。

1幕はじめに草笛さんが現在の姿として、没落したグレイ・ガーデンズ低に登場。
一気に過去にさかのぼり、1幕は華やかな時代のシーンが続きます。

大竹しのぶさん!素晴らしかったです。お芝居がお上手と言うよりも、心に響くというか
気持ちで芝居しているって感じです。初めから終わりまで、胸に突き刺さるお芝居でした。

っで、草笛さん!!超ベテラン女優!体当たりの老け役でした。
もの凄い存在感!セリフだけだと、わがままな母親ですが、娘への深い深い愛情っていうか
子離れ出来ない母親って言うか・・・娘にも同じことが言えるのですが、、、
普遍的な親子愛がテーマと感じました。

没落したかつてのセレブですが、悲壮感はなく、ありのままの人生を謳歌していました。
人生の幸せって何だろう・・・って考えちゃう作品でした。
また観たいです。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=



2010年01月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

海をゆく者

PARCO 公演看板
パルコ・プロデュース公演「海をゆく者」観劇。
2009年11月29日(日)14時~ PARCO劇場 2列目中央にて。

地味に超豪華な出演者!!この顔ぶれだけでチケット即買でした(笑)…

作 ・・・コナー・マクファーソン
翻訳 ・・・小田島恒志
演出 ・・・栗山民也
出演
小日向文世 吉田鋼太郎 浅野和之 大谷亮介 平田 満
                                  (敬称略)

渋いベテラン俳優の皆さんの演技合戦!!見ごたえ十分でした♪
やはり皆さん凄いかったです。

この舞台で体力的に大変だな~と思ったのは吉岡さん!
ほぼ出ずっぱり、盲目の役で、ず~っと怒鳴ってる(笑)凄い存在感でした!

小日向さんは今まで見たことのない役柄でした。初めて本性を出すシーンは怖かったです!!

ストーリーは正直好みではありませんでした。途中までは良かったのですが・・・
ん~ファンタジーって感じ。このメンバーだから観られたって感じです。
ヘタな俳優陣が演じたら、ファンタジーってとことん臭い、子供向け作品になる所ですが・・・そこは皆さん さすが!説得力のあるお芝居でした!

終演後 17時19分の舞台
っで終演後、出演者全員参加のトークショーがありました。
本編では、みんなお酒が好きな役だったので、お酒での失敗談などをお話しされてました。
トークショーは、演出家が入って、作品のこととか、裏話とかが聞けると楽しいですが、
俳優だけでしたので、チョットもの足りない内容でした・・・

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2010年01月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

バンデラスと憂鬱な珈琲

公演ポスター
「バンデラスと憂鬱な珈琲」観劇。
2009年11月21日(土)14時 世田谷パブリックシアター 1階P列中央にて。

「U-1グランプリ」の福田雄一さん&マギーさん作・演出ってことで、行って来ました!!
このお二人がそろって面白くない訳がありません(笑)
も~最初から最後の最後まで笑いっぱなし!!最高でした!!

■出演
堤真一、 高橋克実、 小池栄子、 村杉蝉之介
中村倫也、 高橋由美子、 段田安則
                      (敬称略)

■ストーリー
堤さん演じる男の名はバンデラス。米国随一のネゴシエーター(交渉人)。
彼の使命は、12時間後に迫ったロシアとの開戦を阻止すること。
しかし、国家の危機に潜むごく個人的な思惑、勘違い、そして行く手を阻む悪気のない人々が現れて…。
はたしてバンデラスは地球存亡の危機を阻止できるのか!?

出演者は皆さん複数役を演じ分けます。得した気分♪
っで皆さんお上手!!安心して笑えました。

村杉さんのMrビーンは、笑いすぎて椅子から落ちるかと思いました(笑)
小池栄子さん舞台では初めて拝見しましたが、声も通るし声量あるし、華やかだし
もっと舞台やって欲しいです♪

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=


2010年01月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

サロメ

開演22分前!サロメ @りゅーとぴあ「劇場」
女形:篠井英介×演出:鈴木勝秀 シリーズ第三弾 アトリエ・ダンカンプロデュース公演「サロメ」観劇。
2009年11月18日(水)19時~ りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場 1階2列目中央にて。

旅ゆけど芝居!新潟での初観劇でございました!

まずは「りゅーとぴあ」について。バブルの殿堂って感じの劇場施設でございます!!
「コンサートホール」「劇場」「能楽堂」「ギャラリー」「レストラン」・・・複合施設です!キレイです!!
外観!りゅーとぴあ りゅーとぴあ 2階ロビー♪ 公演がある時は、左側がクロークになります。

りゅーとぴあ「劇場」ですが、1、2階はワンスローブです。3階席はロビーから階段かエレベータで上がる構造。
左右にバルコニー席もあります。バルコニーは客席最後列(2階に相当する部分)から行きます。
今回の公演では、バルコニー席と3階席はお客さんを入れてませんでした。
どの席からも観やすく、スタイリッシュで舞台に集中できる すごく素晴らしい劇場です!

りゅーとぴあ「劇場」入口 開場前! りゅーとぴあ「劇場」広いロビー
っで、篠井英介さんの「サロメ」千穐楽 観劇!
原作・・・オスカー・ワイルド
上演台本/演出・・・鈴木勝秀
出演
篠井英介 森山開次 江波杏子 上條恒彦
                         (敬称略)

このシリーズ「欲望という名の電車」はシリーズ初演、再演、再々演と3回観劇!素晴らしかった!
第二弾は観てません・・・
っで第三弾にして、シリーズ最後ってことです。

篠井さんの「女形」今回もやられました~凄かったです!
海外の作品ですが、演出を日本風にアレンジ。雅楽の生演奏も入り、緊張感が増した印象。
篠井さんの舞も観ることが出来、得した感じ。
終盤に篠井さんが予言者ヨカナーンの首をもって独白し「うぁぁぁ~」と内面から武者震いしながら言う場面!
物凄い迫力でした。大きな声で叫んだ訳ではありません。でも凄かった!
これば男性が演じるからこそ出る迫力だと感じました。

共演者も濃かったです。
篠井さんの父親に上条さん!母親が江波の親分!!
森山さんは予言者ヨカナーン。上半身裸で、全編コンテンポラリーダンス!!森山さん細い!
しゃべる森山さん新鮮でした♪

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=






2010年01月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇

コーラスライン

自由劇場
劇団四季「コーラスライン」観劇。
2009年11月15日(日)自由劇場 1階5列目中央にて。

やはりオープニングのダンスシーンは興奮しますね~!

ザック ・・・ 深水彰彦
ラリー ・・・ 影山 徹
ダン ・・・ 松浦勇治
マギー ・・・ 和田侑子
マイク ・・・ 斎藤洋一郎
コニー ・・・ 石倉康子
グレッグ ・・・ 道口瑞之
キャシー ・・・ 坂田加奈子
シーラ ・・・ 増本 藍
ボビー ・・・ 横山清崇
ビビ ・・・ 上條奈々
ジュディ ・・・ 恒川 愛 
リチー ・・・ 西尾健治
アル ・・・ 菊池 正
クリスティン ・・・ 染谷早紀 
ヴァル ・・・ 石塚智子
マーク ・・・ 玉井晴章
ポール ・・・ 田邊真也
ディアナ ・・・ 熊本亜記
フランク ・・・ 笹岡征矢
ロイ ・・・ 宮本聖也
トム ・・・ 林 晃平
ブッチ ・・・ 吉田龍之介
ビッキー ・・・ 橋本 藍
ロイス ・・・ 濱村圭子
トリシア ・・・ 勝田理沙
             (敬称略)

開演前にトイレを済ませましょう。
毎回魅力的な女優さんが演じているシーラ役ですが、今回の増本さん素敵でした♪
ザック役の深水さんも芯の強さを感じる力強いザックでした。

熊本さんのディアナは、ちょっとイメージと違ったかなぁ・・・
何だか怖かったです。。。

ポール役は、田邊さん。四季の「顔」となりつつありますね~
お芝居もダンスも安定感があり、安心して観られました。

一度は、客席後方に設けられているザックが座っている横の席に座ってみたいです。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2010年01月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劇団四季

東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」

20091114マチネキャスト表 橋本さん×岡さん
東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」観劇。
2009年11月14日(土)12時~ 帝劇 1階11列目中央にて。

またまた行って参りました。
ジャンバルジャンは先週と同じく橋本さとしさん!迫真のお芝居で胸打たれました(涙)。。。

岡さんのジャベールも凛とした雰囲気を保ちつつ、時折見せる眼光鋭い険しい表情が素敵でした♪
2幕の見せ場の自殺シーンの歌!素晴らしかったです!!

オケピと舞台

今シーズンの「レ・ミゼラブル」も今回で最後です♪
初演は観てませんが、再演から飽きるほど観て来ておりますが、やはり良い作品だな~と思います。
やっぱラストは泣いちゃいます(笑)。。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=
2010年01月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇
 | HOME | 

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。