スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」

PARCO看板
パルコ・プロデュース公演「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ
                          ~日曜日にジョージと公園で~」観劇。
2009年7月12日(日)14時~ PARCO劇場 3列目中央にて。

宮本亜門さん演出、PARCO劇場でソンドハイムのミュージカルを贅沢に上演ってことで行って参りました。
正直、今まで観劇したソンドハイムさん作ミュージカル(「太平洋序曲」「INTO THE WOODS」」「スウィーニー・トッド」」の楽曲は難しいので、あまり期待せずに観劇・・・(笑)
今回も、難解な楽曲が多く疲れましたが、1幕ラストと2幕には演出も助けて好みな曲もありました♪

作曲・作詞・・・ スティーヴン・ソンドハイム
台本・・・ ジェームス・ラパイン
演出・・・ 宮本亜門
翻訳・・・ 常田景子
出演・・・ 石丸幹二 戸田恵子
      諏訪マリー 山路和弘 春風ひとみ
      畠中 洋 野仲イサオ 花山佳子
      鈴木蘭々 冨平安希子 岸 祐二 石井一彰
      南 智子 岡田 誠 中西勝之 堂ノ脇恭子 ほか
                            (敬称略)
出演者も豪華!

スーラ作「グランジャット 島の日曜の午後」
物語は、点々でお馴染みの画家、ジョルジュ・スーラが主人公。スーラが残した「グランジャット 島の日曜の午後」(上の写真)が出来るまでを描いたのが1幕。
2幕は打って変って、ちょっと複雑ですが スーラの娘の孫が主人公となって展開。
ストーリーは、こちらをご覧ください・・・

ぶっちゃけ1幕はちょっと退屈な感じも致しましたが、2幕に入ってからは面白かったです!
出演者は1幕・2幕で別人を演じます!
インスタントコーヒーの違いの分かる男で有名な石丸さんは、1幕ではスーラ、2幕ではスーラのひ孫役として登場!
戸田恵子さんは、1幕ではスーラの恋人、2幕ではスーラの娘(お婆さんになって)登場!
(ちなみに、上の絵で言うと、一番右の帽子かぶった女性が戸田さんの役)

2幕では、石丸さんがスーラの「グランジャット 島の日曜の午後」をモチーフとした現代アート作品で、芸術家としてブレイクしたいッ!と周囲に媚びるうちに芸術家としてのポリシーを失いかけた時、曾祖父スーラが残したメモを見て大切なものに気づく・・・みたいな感じでした。結構感動しました(涙)。。

諏訪マリーさんの歌にひどく感動しました(涙)。。。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=




スポンサーサイト
2009年08月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。