スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ホリプロ「かもめ」観劇

終演後 赤坂ACTシアター外観

2008年6月28日(土)18時~ 赤坂ACTシアター 1階5列目中央にて。
作  :アントン・チェーホフ
演出:栗山民也
出演:藤原竜也 鹿賀丈史 美波 小島聖 
    中嶋しゅう 藤木孝 藤田弓子 たかお鷹 勝部演之
    麻実れい (敬称略)

かなりの豪華キャスト!
以前観たTPT版が素晴らしくて、また観たい作品の一つでした。

いや~期待ハズレでしたよ(涙)。。。
まず、劇場がデカすぎる!!この作品は小さな劇場での上演が似合う作品かと・・・

幕間 2階席入口より


ん~翻訳が・・・ 普段あまり翻訳で引っかかる事はないのですが、今回はPOPな訳にしたかったのか、現代にも通じる普遍性を強調したかったのか分かりませんが、浮いてました。
小島聖さん演じるマーシャが、藤原竜也君が落ち込んでいる姿を見て「へこんでるのよ・・・」とか言った時は、椅子から落ちるかと思いました。重厚な作品イメージが台無し・・・

藤原竜也君、今回初めて拝見しました。蜷川作品に多く主演していたり、世間では演技派みたいに言われているので、かなり期待しておりましたが、喉の調子が悪かったのか?普段からこんな発生なのか?ハスキーボイスで台詞も聞き取りづらく、残念な印象でした(涙)。。。

脇の俳優さん達は、皆さん素晴らしいお芝居でした!
鹿賀丈史さん、麻実れいさん、藤木孝さんは予想通りの存在感!!
優雅で無駄のない動き!一挙手一投足見逃せませんでした。

藤田弓子さん予想以上に素晴らしかったです!地味だけど欲望を持った中年女性をリアルに演じておられました!!

以前観た井上ひさしさん作「ロマンス」を思い出しました。演出は同じ栗山民也さん。
「ロマンス」は、「かもめ」の原作者チェーホフの生涯を描いた作品。
「かもめ~喜劇四幕~」と原作タイトルにある通り、劇中のチェーホフは「かもめ」は喜劇として書いたので、深刻な演出はしないで欲しい!みたいな事を言って嘆き悲しむシーンがありました。
今回両作品ともに演出した栗山さんが、この辺りを気にしたか否かは分かりませんが、藤原君と麻美さんの母子のやりとりは、かなり笑いを誘う演出になってました(私は好きな演出ではありませんでしたが・・・)。

休憩中にロビーで来年1月ホリプロ主催「ドロウジー・シャペロン」の1階3列目中央の予約が出来ました!先行抽選にハズレたのでラッキーって感じでした。

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=






スポンサーサイト
2008年07月09日 | Comments(4) | Trackback(1) | 観劇
コメント
ACT
広すぎましたねぇ・・・
半分のキャパでやってたら藤原くんの発声も違ったかもしれませんよねぇ。。。

女優さんたちのほうがよかったしね。。
あの宣伝の仕方なんか見て
T○Sは「かもめ」をわかってないな~と感じました。。。
ぴら URL 2008年07月09日 12:13:34 編集
ぴらさんへ
書き込みありがとうございます!

なぜこの劇場で上演しようと思ったのか不思議ですよね~

以前観たのがベニサンピットだったので、余計に感じました・・・

本文には書きませんでしたが、美波さん 小島聖さん かなりの好演でしたよね!!
 
tsubakky URL 2008年07月09日 20:08:26 編集
やはり・・・
こんにちは。
tsubakkyさんのレポ読んで、
私の中でもやもやしていたものが、すっきりしましたっ!

やっぱり「かもめ」は小さいキャパで上演した方が楽しめる作品だったのですねぇ。
ずっとACTシアターでやる意味があるのかと考えてたのです。

台詞にも違和感を感じてたのですが、今回の翻訳の仕方なんですね。

うーむ。そう考えると残念な作品になっちゃった感じです。
せっかく豪華な出演陣なのに…。

藤原くんの最近の発声は私もあまり好きじゃないんです。
今回は声を張りすぎてハスキーになっちゃったみたいですね(/_;)

むむむー。商業的な臭いがプンプンしてて、なんだかなぁという感じですね。
mito URL 2008年07月15日 03:38:05 編集
mitoさんへ
書き込み有難うございます!

やっぱ作品と会場って大事なんだな~と改めて感じた公演でした。

まずACTシアターってストレートプレイに向いてないと思います・・・

また来て下さいね~~
tsubakky URL 2008年07月17日 01:22:51 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
かもめ 「かもめ」って本来は女三人の愛情と嫉妬の物語だと思う。 その視点で観てないと、あるいは作らないと トレープレフの最期はた...
THEATER BOX 2008年07月09日 12:14:13

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。