FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

いさかい

ベニサンスタジオではこんな舞台のお稽古中!
TPT マリヴォー 作『いさかい』 熊林弘高演出 観劇。
2008年10月13日14時~ ベニサンピット 最前列にて。

CAST
毬谷友子 田島亮 渡辺真起子 藤沢大悟 
濱崎茜 松平英子 杉内貴 藤川洋子 塩野谷正幸
                           (敬称略)

いや~300年前の戯曲なのに、今も昔も男女の関係って変わってないな~ってお芝居(笑)

90分休憩なし。

内容は結構 深刻でした。

王子が恋人エルミアンヌを森の奥へと誘う。
王子の意図をはかりかねるエルミアンヌに対して、王子は今から、見せ物と称して一つの実験を見せるという。
その実験とは、赤ん坊のころから他の人間と一切接触せずに育てられ、しかし普通の人間と同じ知性を持った二組の男女をはじめて外の世界に出しその男女の間に生まれる恋愛感情、そして恋の駆け引きを観察しようというのだ。
恋愛における「不実(浮気)」は、男から生まれるのか、女から生まれるのか。
その永遠の問いに決着をつけるべく、無邪気で残酷な実験が、今、はじまる。ってストーリー。

完全に男性目線で描かれていました。
登場する少女2人(毬谷友子さん、渡辺真起子さん)少年2人(田島亮さん 藤沢大悟さん)は、生まれてから一切外の世界に触れたことない(小川を見たこともないくらい)。
登場する少女2人は、初めて少年と出会ってから、男性からは愛されるのが当たり前だと思ってしまう。初めて会った少年と恋に落ちるが、2番目に会った少年も好きになる。っで少女は両方の少年から愛されたい。。。
少女は、初めて自分以外の少女と会ったとき、激しくいがみ合う。
一方少年は、すぐに打ち解けて友達になる。
ま~結局は浮気は女性から始まったものみたいになってました。

終盤では毬谷さんと初めて出会った少年の田島亮くんが、毬谷さんを藤沢大悟くんにとられて狂って自殺してしまう・・・
っで最後は残った3人も皆 殺されてしまう(実験のモルモットみたいな演出)。
結構残酷な結末でした。。。

舞台上には何にもなく、物語の序盤に王子の塩野谷さんが、銀色のガムテープを斜めに一直線に床に貼っただけのシンプルなもの(ガムテープは小川に見立ててました)。
客席の真ん中もステージになってて、そこにハシゴがあって、役者さんが上がって行きました。
照明、舞台ともシンプルで素晴らしかったです♪

毬谷さん!かなりイッちゃってました!!始めは純粋な少女。物語が進むにつれ女性へと変貌していく様はお見事でした。終盤は狂気じみていて(女性のエゴ丸出し)見応え充分でした!!

田島亮くん、藤沢大悟くんのお二人もお芝居お上手でした!!
田島さんは、まったく存じ上げませんでしたが、背も高く舞台栄えも良く、引き付けられました!

っで今日は本番後に出演者全員と演出家、翻訳家によるトークショーがありました。
舞台裏も聞けて楽しかったです♪

花王おさむさんご観劇されてました。トークショーでも話しを振られてました(笑)

是非是非クリックお願い申し上げます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 style=






スポンサーサイト
2008年11月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 観劇
コメント

管理者だけに表示する
«« TPT「いさかい」 | HOME | キーン »»

プロフィール

FC2ブログランキング

ツイッター始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。